ベンチャー企業の市場創造~ブレッドトークの事例研究~

ベーカリーチェーンを展開するシンガポールのベンチャー企業、ブレッドトーク(BreadTalk)の市場創造におけるメカニズムを探る事例研究である。スタートアップ期のベンチャー企業は、大企業と比較してヒト・モノ・カネ・情報といった経営資源に制約が多い。その制約の中で、ブレッドトークは、どのような戦略を駆使して市場創造を行っていったか、そのプロセスを解明する。

日経産業新聞「IT時評」

  • コンテンツを輸出商品に(2003年9月)
    海外ITの専門家として、日経産業新聞のIT時評欄の連載を担当する。シンガポール政府のMedia21ビジョンから、アジアのデジタル・コンテンツ制作のハブ(中核拠点)戦略を明らかにする。
  • SOHO、アジアで広がるか(2003年12月)
    シンガポール政府の自宅を事務所として使うホームオフィスに関する規制の緩和からSOHO(Small Office Home Office)スタイルのアジアでの可能性を探る。
  • 携帯先進国シンガポール(2004年3月)
    シンガポールのモバイルコンテンツ市場について、政府や携帯電話会社の思惑から環境整備が進展している様子を明らかにする。
  • TRONのアジア展開(2004年6月)
    日本発のリアルタイムOSであるトロンがシンガポールに進出した。その狙いと取り組みについて、関係者へのインタビューより明らかにする。
  • 活用が加速する非接触ICカード(2004年8月)
    シンガポールで非接触ICカード「ez-linkカード」の導入・普及の取り組みから国際競争力を保持するため徹底した効率性を追及する戦略を明らかにする。

“日経産業新聞「IT時評」” の続きを読む

ケース教材「大ヒット商品はいかに生まれたか」

ブレッドトーク(BreadTalk)はシンガポール人のジョージ・ケク(George Quek Meng Tong)、キャサリン・リー(Katherine Lee Lih Leng)夫婦が、2000年4月に設立したベーカリー店が始まりである。
シンガポールで短期間に店舗を増やし、2003年にはシンガポール取引所(SGX: Singapore Exchange)に上場、その後、フランチャイズを中心とした海外展開、買収による多角化を進めた。 “ケース教材「大ヒット商品はいかに生まれたか」” の続きを読む