ベンチャー企業の市場創造~ブレッドトークの事例研究~

ベーカリーチェーンを展開するシンガポールのベンチャー企業、ブレッドトーク(BreadTalk)の市場創造におけるメカニズムを探る事例研究である。スタートアップ期のベンチャー企業は、大企業と比較してヒト・モノ・カネ・情報といった経営資源に制約が多い。その制約の中で、ブレッドトークは、どのような戦略を駆使して市場創造を行っていったか、そのプロセスを解明する。

ケース教材「大ヒット商品はいかに生まれたか」

ブレッドトーク(BreadTalk)はシンガポール人のジョージ・ケク(George Quek Meng Tong)、キャサリン・リー(Katherine Lee Lih Leng)夫婦が、2000年4月に設立したベーカリー店が始まりである。
シンガポールで短期間に店舗を増やし、2003年にはシンガポール取引所(SGX: Singapore Exchange)に上場、その後、フランチャイズを中心とした海外展開、買収による多角化を進めた。 “ケース教材「大ヒット商品はいかに生まれたか」” の続きを読む